撮影の話(2017.09.07 Qrzone*ふまけん)

2017.09.07 Qrzone(ふまけん)

「以前バイキングで風磨くんは貧乏性だからたくさん食べる*1と言ってましたが、風磨くんは細いイメージがあります。もしかしたら食べても太らない感じですか?」(要約)という普通のメールから、思いがけず撮影のお話が聞けたので記録。一応録音を聞いて起こしたけれど、(笑)とかは私の感じ取り方で書いてあるのでそこはニュアンスで。

現在ドラマの撮影をしている風磨くん

風磨「俺めっちゃ食うじゃんだって」健人「食べますよね。ただ最近1食しか食べてないって聞いたんだけど、今は1食じゃないでしょ?」風磨「ケータリングがあるから自ずと食っちゃう。でもケータリングでも食わないときある。セリフがちょっと間に合わなくて。まじでセリフに追われてんのよ今。そう。やっぱり1人しかいないから何が起きるかっていうと、もちろんセリフの量が単純に多いっていうのもあんだけど、1人しかいないからスケジュール融通利きまくっちゃって、1話を2日弱ぐらいで撮り終わっちゃうのよ」健人「ああ、そう」風磨「しかも連日で。3日間あるとしたらもうそのうちの次から3日間の2日でもう完全に撮り終わっちゃう。で、次の日からまた違う話が始まって。他の仕事で何日か空いてまた撮影みたいのが続いてるから。もうセリフが追いつかないのよ」健人「中空き*2とかもないわけでしょ、じゃあ」風磨「ない。誰かが芝居してる間覚えられるとかいう時間もないの。で、朝5時過ぎぐらいに起きてちょっと長めの移動して、そっから1日撮影して終わって帰ってきたら結局12時すぎぐらいでしょ」健人「台本手元にないと結構だめな感じかもね」風磨「いや、まじでそうで。だから朝30分前に現場の前に入るようにしてもらって。入りの30分前に俺は入って。近くでずっと台本読んで、昼休憩までのシーンのセリフを覚えるわけ。昼休憩で今度夜休憩の間までのセリフを覚えて、最後夜休憩から最後までのセリフを覚えるから。休み時間はほぼ返上してんの。だから食わない時もある」健人「じゃあもう1日今3食には戻ったんだけど食わない時もあるし」風磨「食う時もあるし食わない時もあるって感じかな」

・1人なのでスケジュールの融通が利く

・1話は2日弱ぐらいで撮り終わる

・30分早く入ってセリフを覚える

・休憩は基本的に次の休憩までのシーンのセリフを覚えるのに使っている

・そのためご飯を食べないこともある

健人「ケータリングに目を向けられないぐらいセリフに追われてるわけだ」風磨「っていう時もある、本当に。シーン次第だね」健人「変えられないの?一言一句」風磨「変えるよ」健人「でも自分の言い回しにはするけれども」風磨「でも説明ゼリフとかもあるからさ、なんか」健人「そこは変えられないよね」風磨「哲学っぽいなんか」健人「そこ変えちゃったらね。確かに。言い回しにも限界があるからね」風磨「そうそうそう」健人「うぇー。そうなんだ。じゃあ照明さんスタンバイ待ちですみたいな時ちょっとホッとするんだ」風磨「ホッとする。色んな所に俺、割本*3隠してるもん」健人「いや、それはもうそういう現場はそういうやり方が一番適してるんだろうね」風磨「まじ初めてよ。こんなセリフに追われてるの。やっぱちょっと長いシーンとかちょいちょいはあるけどさ。やっぱずーっと俺っていうのはないから」健人「長回しなの?」風磨「長回しの時もある。だから1シーンずっとみたいな。だから本当に言ったら5、6分しゃべりっぱなしなんてこともあった」健人「ああー。すごいわ。じゃあもう冴えちゃってるね、頭」風磨「冴えてる。お腹は空くんだけど単純に食べる気にもなれない時とかあるね」

・とにかくセリフに追われている風磨くん

・5、6分しゃべりっぱなしもある

・お腹は空いても食べる気になれない時も

健人「セリフ覚えてたらすごいお腹空かない?俺去年のガードセンターの時思って。それもセリフすごい多かったの。でもなんかアクションシーンをやってる時より、めっちゃ長いセリフ覚えて話して本番終わった後のほうがすごいお腹空いてんの。2食食えんの」風磨「お腹は空くね、確かに」健人「でも空くでしょ?」風磨「空く空く」健人「それを返上してまでセリフ覚えるんだ」風磨「そう」健人「チョコあげるよ」風磨「だって俺が止めちゃうんだもん、撮影。俺ができないと」健人「そっか」風磨「他の人が止めちゃったらさ、なんか『どんまい!』みたいな」健人「まあまあまあ。『ナイスナイス』ってね」風磨「そうそう。で、俺が止めちゃった。なんか何となくこう、にゃにゃってなったりする時あるじゃん」健人「あるある」風磨「雰囲気的に」健人「うんうん」風磨「やっぱ俺が詰まっちゃうと、『あ、じゃあ菊池さんすいません。もう1回お願いします』みたいな」健人「最初からってことでしょ」風磨「そう」健人「5分のコーナーだったら4分30秒でミスったらもう1回0分から」風磨「いや、まじそうよ。本当に」健人「いやそれはもうすごいね」風磨「そのなんかプレッシャーがやっぱでかいね。その分充実してるなとは思うけど」健人「そうだよね」風磨「そんなこと、ないじゃん」健人「ないよ。だって毎週月曜深夜に菊池風磨しか映ってないわけでしょ。30分」風磨「そう」健人「そっか。今その話を聞いて、なんかワクワクすんね。9月18日が楽しみだわ」風磨「ふはっ(笑)。そうっすね。どういう仕上がりになってるか僕もちょっと怖いですけど。でもそうね。ケータリングがあるから食う機会はある」健人「食べてよ、ちゃんと」

・セリフを覚えるのには相当エネルギーを使うらしい

・1人のプレッシャーは大きいが充実している風磨くん

・「なんかワクワクすんね/9月18日が楽しみだわ」こういうの言ってくれるのすごい嬉しいな。ちゃんと日付も言ってくれて><

・「チョコあげるよ」「食べてよ、ちゃんと」←優しい・・・

健人くんの撮影現場での食事事情

風磨「食ってんすか?でも中島もなんか痩せたみたいの言われたりするでしょ、だって」健人「俺すごい食べれるようになっちゃったの」風磨「へえ」健人「今ならフードファイト出れるかも」風磨「ふっふ(笑)」健人「フードファイターだっけ、ドラマあったよね。いや、本当食べれるようになった」風磨「現場は?ケータリング?」健人「現場はケータリングだったり弁当だったりするんだけど」風磨「食ってんですか?結構」健人「ひたすら食うね。だってこないだ東宝スタジオでカツカレー大盛り食ったあとに余裕過ぎてざるそば頼んじゃったり」風磨「おお。いいね。高校生みたいだね(笑)」健人「めっちゃ高校生してる今」風磨「それはいいことですね」健人「とにかく食べてるね」風磨「今やっぱ食べないとね」健人「そうなのよ」風磨「いや、そうね。そうだと思う」健人「あんま食べ過ぎもダメみたいよ。消化しなくて結局労力を使うから顔に疲れが出やすいみたい」風磨「へえ」健人「だから適度。腹八分って言ってるんだけど、俺は腹十二分ぐらい食ってる」風磨「いやー俺もそれまで食いたいな」健人「食べてください」風磨「きょう食います。きょうじゃあ食う、いっぱい。帰ったら」健人「きょう食う日ですね。こんな感じかな」風磨「オープニングすげえ長かったね」健人「オープニングかこれ。それでは1曲お聞きください。まあね、2人ですから。聴いてください。Electric Shock」

・健人くんの現場はケータリングだったり弁当だったりする

・すごい食べれるようになったらしい

・食べすぎるのも労力を使うので疲れが顔に出てよくない

・腹十二分くらい食べてる(本人談)

 

と、いうか改めてこれオープニングなんだよね・・・たっぷりだな~

 

ED(←案の定)~メール1通~告知の後

健人「まあ今週も終わりです、たくさんお話しましたね」風磨「話しましたね。この組み合わせもなんかあれですね。新鮮」健人「新鮮ですね。まだ撮影中ですからお互い」風磨「そうなのよね」健人「いい作品を」風磨「頑張りましょうよ」健人「作りましょうよ、お互いに」風磨「はい」健人「というわけでSexy Zone中島健人と」風磨「菊池風磨でした」健人「Bye」風磨「ぱいぱい」

初主演、そして出演者ひとりという特殊な環境なので風磨くんがどうやって過ごしてるのか気になっていたけど、いろいろ聴けて嬉しかったな~。2人とも引き続き撮影頑張って!応援してます~!いい作品になりますように。

 

*1:2017.08.14放送

*2:スケジュールの都合上や、撮影が予想以上に早く進んだ場合にできてしまう空き時間。『業界用語辞典,東京映画映像学校ホームページ』

*3:シーンのカット割りが書かれている台本

はじめての。

風磨くんが9/18 24:59スタートNTV「吾輩の部屋である」に鍵山哲郎役で出演することが発表された。

セクゾ菊池風磨が史上初の登場人物1人ドラマの主演 - ジャニーズ : 日刊スポーツ

 

初主演おめでとうございます!!!!!初回放送が9/18だから2週間したらもう哲郎が見られるんだね、もうすぐだな~。

2017年のカレンダーで掲げてた「主役・座長を経験したい」という目標や、"主演"という言葉をいろんなところで口にしていた風磨くんを知っているので、菊池風磨という名前に主演という文字が並んでいるのをとても感慨深い思いで見てる。ソロコンが終わって黒髪にしたこともあり、ドラマやるのかな?とは言われていたし自分でも何かあるんだろうなとは薄々思ってたけど、いざこうして正式な文字を目の当たりにすると、おめでたい ああおめでたい おめでたい みたいな語彙力しかなくなる。とにかくきょう1日ずっとずっと嬉しい気持ちでいた。

初主演、そして登場人物ひとり。主題歌の「ぎゅっと」は風磨くんが詞を共作、振りはSexy Zoneが5人で共作、MVは一般の小学生と共同制作・・・つらつらと書き並べてみると改めてドキドキする。学生じゃなくなってから初の演技仕事でもあるのか~~。

朝のWSで動いている哲郎をちょっと見ただけだけど、1ヶ月前にソロコンのステージに立ってた人と同じ人なの・・・?って思うぐらい、もうすっかりひとり暮らし彼女ナシ大学院生の姿になってた。そうそう、ピッタリ1ヶ月前の今日は8/4で、風 is I?の初日だったんだよ~。そして今日からピッタリ1ヶ月後の10/4に新曲発売。なんだこの4日、4日、4日の連続(笑)。そしてさっきレコメンにて「ぎゅっと」が一部解禁されたけど、「今もぎゅっと抱いて それをぎゅっと抱いて 自分だけは絶対離さないで」っていうフレーズが良かったな。どこをどう共作したのか分かんないけど、風磨くんぽさ感じる曲。

とりあえず今日のうちに書き記しておかないと・・・とは思ったものの前述の通り語彙力を失っているので言葉が追いついていないから締めます。

本当におめでとう!!!このドラマで風磨くんがどういう顔を見せてくれるのか、今からとても楽しみにしてます。素敵な作品になりますように。身体に気を付けて撮影頑張ってね。

 

Summer Paradise 2017 「風 is I?」を終えて

風 is I?のオーラスから1週間経ち、なんか感想を書こうと思いつつ、うまくまとまらないままで、結局まとまらないからセトリがどうこうとかそういうのはまた時間のあるときに書けたら書くとして、私が感じたことだけとりあえず殴り書きで残しておく。

端的に言うと風 is I?の風磨くんは、Sexy Zoneの風磨くんだと思った。

なんかこれだけだと語弊があるし、私はそもそも風磨くんのことをSexy Zoneでないと思ったことはないけど、風磨くん自身がSexy Zoneとしての自分の位置付けに葛藤していることは見ていて常々思ってたし、昨年のソロ公演"風 are you?"の挨拶で「今の夢はSexy Zoneになることです」と話してから8.25やら5周年を経て、風areで肩書きの話もしていたけど、本人が学生でなくなるということも大きいのではないかと思っていて、徐々に徐々に変化を感じていた。2016夏がSexy Zoneになりきれていない風磨くんなのだとしたら、そこからはなろうとしている風磨くんなのかなとか。STAGE名古屋を終えたあとの感想はこれだったし。

そして自分の演出したツアーを完走し、風磨くんは果たしてSexy Zoneになれたのだろうかと思っていた。だからツアーを終えて今年もサマパラと分かったときは、5人がいいとかソロがいいとかそういう話ではなくて単純に、"夏は一緒じゃないんだね"と思った。好きな人のソロコンは楽しみではあるけど、風磨くんのソロコンはソロとバックの関係が特殊というか横並びのような感じだから、STAGEで提示してきたものがブレてしまうのではないかとか、さらにバック予想に挙げられたJr.がSixTONESだったので、これからSexy Zone、5人でやっていく決意表明のようなコンサートで春を越えた風磨くんが、自分とかなり近い存在のJr.、しかも選抜じゃなくまるまるそのグループと一緒に夏を過ごすというのが、少し怖かった。

そんな中でソロコンの幕が上がって、ソロコンだからこそ見れる表情、パフォーマンス、曲、演出ではあるけれど、風磨くんの言葉を借りれば、私が思ってる以上に風磨くんは"Sexy Zone菊池風磨"だった。そういえばSTAGE終わったあたりに、"最高の夏に必要なのは自覚と責任"と言っていたような・・・

 

今回のコンサートのストーリーを簡潔に説明すると"10年前、12歳で死んだ風磨が、1日だけ22歳の姿で過ごせることになる。後悔を残したまま死んだ風磨くんはその1日で、やりたかったことを当時の仲間(SixTONES)とやる。やりたかったことを少しずつ叶えていく中で、ひとりで叶えても意味がなく、仲間の大切さを知った。1日を過ごした風磨は最後に、仲間には自分の分まで今を生きてほしいと、今日自分と過ごした記憶を消してもらう"。"永遠に生きるかのごとく夢を抱け。今日死ぬかのごとく生きろ"、"最後にひとつだけ確認させてくれないか。風 is I"と終わる。

さっきSTAGEで提示したものがブレてしまうのではないか怖かったと言ったのは、風磨くんのテイストにSixTONESのカラーが近いことと、Jr.の頃同じグループだったメンバーや気の知れた仲間がいることで、風磨くんがSixTONESの中にすっぽり入ってしまうことへの恐怖を感じていたんだと思う、私が。でも、今回の風 is I?は確かに7人でひとつの仲間ではあるけど、Sexy Zone菊池風磨1人とSixTONESの6人だった。一見横並びのようだけど、独立したものとしてそこにいて、そしてお互いがお互いをそうさせているように思えた。

コンサートの設定として、風磨くんが1日を仲間と過ごしました、で終わらせるストーリーにしようと思えばできただろうけど、そうはしなかった。1日は過ごすけれども自分自身を異世界の人、この6人の中にはもう生きていない存在として置き続けたことは大きなポイントなんじゃないかと思った。 風磨くんがストーリーにどこまで現実の自分自身を投影しているかは分からないけど。

ってね~~!!!!!こうやって文字にすると正直しっくりこないというか、これという正解はないんだろうけど、でもこれだけは。

今回ソロコンの風磨くんを見て、昨年の夏とも、今年の春ともまた違った印象を受けたし、最初に私が言ったような"怖さ"なんて微塵もなかったし、それよりもっと大きなものを感じていて。これは何だろうと思っていたけど、オーラスの喜びの歌で、私は風磨くんの姿から、アイドルとして生きる今、を強く感じていると気付いた。サマパラ前に雑誌で"未来のために過去をどう咀嚼して今を生きればいいか"と言っていたけど、今ステージに立ってマイクを握りしめ全身全霊で声を届ける風磨くんの姿が、私には何よりリアルなメッセージとして届いた。改めて、この人を応援していてよかったなと思ったし、これからも風磨くんから何かを感じていたいと思った夏だった。不思議とロスとかなくて、満たされている。ただ、セトリに並べたプレイリスト聴くとふいにこみ上げて泣きそうになるけど(笑)。

 

風磨くん、そしてSixTONESありがとう。風 is I?9公演お疲れさまでした。風磨くんにとって社会人一本で過ごした最初の夏は、最高の夏になったかな。

f:id:power-of-run:20170816191851j:image

風磨くん髪まとめ(2017上半期)

年単位でまとめるつもりだったけど既に結構変わっているので上半期で一旦。あとあと見返すときにと思って参考程度でゆるく、髪型の変遷メモ。

 

昨年のまとめ(髪乱してもっとときめいて!―2016年の風磨's Hair Style - Lucky Daaaaay! )

年末、ドラマの撮影が始まっているのに一瞬ブラウン(?)になっていたのだけど

AOKIのCM撮ったのがこのあたりなので*1、それで暗くしてたのかな?あと徐々に暗くする、地毛に戻す、一年くらいかけて黒髪育てるの件*2はどこかに行ってしまったのかな。髪型や色を変えるのは気分って言ってるから、この発言も気分だったのかな。

・2017.1月~

 f:id:power-of-run:20170630234045j:image

このあたり。

STAGEのグッズ撮影っていつだったんだろう?カズキよりは暗めで、光にあたると茶色でちょっとムラっぽい(上段右)。これも暗くしてたときに撮った?だとしたら年末もしくは年明けてすぐなのかな?グッズって公演のどのぐらい前に撮るんだろう?

ドラマがあったので基本的にそこまで大きくは変動せず。ちょこちょこ切って整えてはいるけど、大きくはいじれないから前髪分けたりとか、セットで変えてる感じ。

・2017.3月上旬頃~
シルバー

f:id:power-of-run:20170701113721j:image

このあたり。

嘘の戦争クランクアップ以降~3/10 Qrzone公開録音までの間にシルバーに。照明の当たり方だったり映り方にもよるけど、最初のほうは割と結構白っぽい銀。

風磨「銀髪!」聡「おぉ~」風磨「銀髪にしたんですよ。でもまあ1週間経って。まだ銀かな」聡「だんだん落ちてきたりするから」風磨「そうそう」聡「それで馴染んだりもするしね」風磨「ドラマが終わったら必ず髪型変えてるんですけど、今回は今回で良かったかなっていう。意外に痛まなくて。痛みづらいんすよね」聡「風磨くんあんま痛んでるイメージない。でも結構ヘアカラーチェンジするじゃん、毎回。なのに痛んでないからね」風磨「そうですね。美容師さんの腕がいいんですよ。全然痛んでないから。楽しいですよ、髪色変えるのは。Sexy Zoneって派手な子いないからさ」聡「いないね」(中略) 風磨「俺の目標は"奇抜"みたいのを目指しているわけじゃなくて。グループの中に必ず1人奇抜な人いるよね、みたいな感じにはなりたくないのよ」聡「どんなふうになりたいの?」風磨「ん?オシャレ」聡「いやオシャレだよ」風磨「ていうか今しかできないじゃん」聡「若いうちにたくさん楽しむっていうね」風磨「ちょっと今のうちに楽しんで、大人になって落ち着いたら渋みが増すのかな。今いろいろやってるからこそ」*Qrzone 3.13(放送日)

奇抜ではなく、オシャレになりたい、と。これ放送が3月13日なのに既に染めて約1週間経ってるってことは、本当にクランクアップしてすぐなのかな~。

長妻怜央菊池風磨への質問「髪はどのくらいのペースで切っていますか?」長妻「ファンのみんなも気になってると思ったんですよ」河合「何でこれ気になったの?」長妻「結構髪型変わってんなあ、みたいな。髪色とか・・・」風磨「髪型は変わってないっすよ。髪型は流星に褒められてから変えてないっすもん」河合「整える感じだ」流星「それが一番いい!似合ってる!」風磨「オレ流星に言われて一番自信ついたのそれですね。美容院に行くっていう意味では、週1ぐらいで行ってんじゃないすか」河合「整えてんだ。それでキープできるように」風磨「キープと髪色と、髪色変えまくるんでトリートメントしたりしますね」*少年倶楽部春休みスペシャ

・コンサート中のこと

ツアーの5都市中4都市はカラーとしては一応銀。同じ公演でもヘアスタイルを変えている。

風磨「(近況)髪の毛!髪型変えたいなと思ったり、何かいろいろしたいなと思ってるんですけど、ライブだからさ。大阪とか名古屋とか、福岡もライブやりましたけど、いろんな髪型で出てたんですよ。で、なにせ僕髪の毛きれいじゃないですか。結構ブリーチしてんのにサラサラじゃないですか」マリウス「トリートメントね」風磨「だから俺逆にサラサラなのが嫌になってきて」マリウス「えー!」風磨「名古屋、大阪とかで結構痛んだっぽいセット?ちょっとマットなワックス付けたり、ツヤあるんだけどボサボサにしたり」マリウス「ありましたね」風磨「無造作な感じというか。痛んだ感じを見せたいというようになってきて。だんだん髪の毛いじりすぎて感覚が狂ってきてるんですけど」マリウス「だって1公演で3回ぐらい変えてましたもんね」風磨「うん。だからあと北海道と横浜控えてるんで、ちょっとまた何かできたらいいなと思ってるんですけど」マリウス「いいですね」風磨「切ったりするのは何か違うなって思ってるんで、いろいろ考えておきます」*Qrzone 4.17(放送日)

前半と後半で、髪型をちょっと変えてるんだ。この日はウェットな感じ。個人的なこだわりだけどヘアチェンジでステージの流れに変化をつける・・・っていうのやってみたかったの。*d誌 6.7(発売日)

ぴっちりデコ出しだったり、ウェットなセンター分けだったりいろいろ。

・2017.5月~
ピンクバイオレット( ロゼ*3 )

f:id:power-of-run:20170701122634j:image

マリウス「風磨くん髪染めたよね」風磨「ピンクバイオレットにしました」*STAGE 横浜アリーナ 5.3

 ツアー最後の会場である横浜アリーナの公演を迎え、ピンクバイオレットに。「いろいろ考えておきます」の結果、ピンクバイオレットになったのかな。個人的にはこの色が好きなんだけど、期間が短いのと、リリース時期でもなければ特番時期でもなかったのであんまり映像が残っていない・・・。でもSTAGE本編として映像に残るのはこの色なのでそこは嬉しい。白肌と髪色がマッチしててきれいだったな。


・2017.6月上旬頃~

根元や刈り上げも染める→現在のピンクに f:id:power-of-run:20170707210200j:image

(上半期なのに7/1があるのは気にしない)

風磨「オレの最近の出来事は、これまで髪色を変える時も根元はあえて染めずに残してたのがこだわりだったけど、何となくで根元も染めたぐらいだよ(笑)。」マリウス「いいと思うよ!」風磨「でも、すぐ色を変えることになりそう・・・」*テレライ 6.14(発売日)

こだわりをここで急にやめたのも気分なのかな~。6/14シブ5時(ロケ日)あたりまでは今現在のピンクよりはマイルドというか、どちらかというとロゼの延長っぽいピンクなので、この「すぐ色を変えることになりそう」が今のピンクってこと?ところで6/28(放送日)のPONの風磨くんが一番ガツンと色が入ってるんだけど、これはいつ撮ったものなんだろう。明らかに他のピンクより濃いから、染めたてで色落ちする前なのかな・・・。うーん。

質問「風磨くんはいつも髪色を変えてもバッチリ決まっているので、どうやって次の色を決めているか教えてほしいです! 」風磨「夏に向かって、俺の髪もどんどん明るくなってます♪どんな色にするかは気分で決めてるよ。今は失敗してもいいじゃない。俺も、いろんな自分を見てるから気分で変えても成功するんだし。どんどん経験していこう!」*M誌 6.23(発売日)

 ↑これも取材したのいつなんだろう・・・それによって「夏に向かって、俺の髪もどんどん明るくなってます」が今のピンクより明るくなるのか、それとももう今のピンクのことなのかで変わってくるような。そして来月のサマパラはどうなってるんだろうか・・・

 

ってことで上半期はここまで。

 

 

*1:AOKIのプレスリリース CM概要において、撮影時期2016年12月と記載されていることから

*2:過去記事参照

*3:STAGE横アリ別日MCにて健人くんが言ったことから

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE

今さらだけど自分の記録としてSexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGEのことを淡々と。名古屋と横アリに参加したので若干ごちゃまぜだけどそこは大体で。

 

★セットとか構成とか

会場に入ってネオン管のセットを見た瞬間の"THE・風磨くん(の演出)"という感じと、まさかのセットによるネタバレ(曲名がいくつかネオン管になっている)とバィバィDuバィのネオンの存在。センステと花道はなし、バクステも小さめ。曲によってモニターが5分割になったりして見やすかった。あとMC中にもオシャレなBGMが流れている。


★OP映像→ROCK THA TOWN→Celebration!→High!!High!!People
ヤバい・・・始まる・・・始まる・・・(モニターに表示されている時計のカウントを見ている私)→ヤバい・・・来る・・・来る・・・(OP映像を見ている私)→〇×△※ーーーーー!?!!(登場時の私)

RTTでいきなりアガる。

~会場を温めるのがうまいシリーズ~
RTT健人「横浜~♪ボーダーレスだろおおお!!!!!」
セレブレ勝利「過去も~♪未来も 忘れてこーぜええええ!!!!!」

ハイピー風磨「こっちのみなさん♪\ハイ!ハイ!/声を出せるか♪\ハイ!ハイ!/腹から声出せいくぞSay!\ユー!ユー!ユー!ユー!/」(←かなりニュアンス)

セレブレ大好き人間なのでセレブレ贔屓コメントするけど、ウェルセクコンでも2曲目、ベストアルバムのメンバーセレクトに収録、5周年の日に放送されたGood Time Music、カウコンの放送前コーナーで披露、年明けCDTVでも披露していたように、この曲に対する信頼感~~!ハイピーで声を出させて温め完了、次の展開という感じ。

★Miss Mysterious→Love Confusion
こういうオトナな曲もイケるんだよのお時間。ジャケットお着替えからのミスミス。ミスミスは曲が好きで健人ソロのセトリに入ってることを知ったときから羨ましさで暴れていたのでイントロが流れた瞬間に「ミスミステリアス!?!!」と反射的に解答するぐらい大興奮し無事に成仏。ステッキマイクで歌う。このステッキ、光る。ラブコンはウェルセクのように椅子を使ったパフォ。この椅子も光る。オシャレ。1年越しのこの曲でああまたオトナになったね・・・という感じもあり。

★マリウスの挨拶コーナー
イントロダクション。STAGE→5TAGE→5(5人の)TAGE(ドイツ語で月日)という説明を織り交ぜ、今回のコンサートで何を見せたいかといったコンセプトを明らかにしているので分かりやすい。僕達のステージをお見せしましょう、「Shori Sato!」と勝利ソロに繋がる。

★Why?(勝利)~映像
Why?は個人的に曲が好き。少クラでもやってほしいよ~~。Why Why Why Why~で手を左右に動かす振りが好き。赤いペンライトの中で踊る金ジャケの勝利、最高にクールでかっこいい。その後ゲームのプレイヤー選択画面のような作りの映像へ。今回のコンサートはOP映像でメンバー紹介がないがここで1 Player Shori Satoのように流れるので、その役目を果たしてるのかな。ソロ曲のターンと思わせておいての、5 Playerの表記後、テレポ。

★Teleportation(健人ソロ・5人Ver.)
今回の中で盛り上がりポイント1.2位を争うのではないかと思った曲。"今回のコンサートではソロ・ユニット曲を5人でやる"という新しさを示した最初の曲であること、この曲を5人で歌うんだという驚き、曲そのものの支持率、ライトを浴び横並びで現れた5人の存在感、などさまざまな要素が合わさった悲鳴という印象。他の曲にも当てはまるけど5人でやった曲、パート分けをどうやって決めたのかは気になるところ。

★レーザーマリオネット→King&Queen&Joker
会場入りするとまずこの練習をすると言っていたように、風磨くんのこだわりが見えるレーザーマリオネット。ネジが巻かれて動き出す5人、その名の通りレーザーをマリオネットの糸に見立てたパフォーマンス。オルゴールからのKQJで解き放たれて自由に踊り歌い、また元の場所に戻っていく。そこから聡ちゃんがダンスをしながらJr.にスポットを当てていきダンケへ。

★ダンケ・シェーン(マリウス)
ポップアップでダンケシェーン!ドリボで初めてダンケを観たときから「幼い頃は夢のまた夢 今この場所で歌えるなんて」という歌詞を歌うマリに心を打たれたが、"今 この場所で"のこの場所がツアーを回るたびに増えていくのが感慨深い。いつかドームでダンケ見たい。

★よびすて(ここまでメインステ)→Lady ダイヤモンド(アリトロ)→キャラメルドリーム(アリトロ)→Hey you! または ぶつかっちゃうよ(バクステ)
よびすてはリリース時からコンサートでの立ち位置が難しそうだなと思っていたので、ここできたか~という感じ。よびすて→レディダイと一見曲調だけで考えると流れが強引に見えるが、よびすてで指を上げ、そこからパチンと鳴らしてレディダイになるので転換があるというか、強引さはあまりない。キャラメルドリームはSNOWのような演出やしょり聡の「ダバダ!」、肩組みで揺れたり可愛らしい。Hey you、ぶつかっちゃうよは回ごとに変わる。どっちもやりたかったのかな。レディダイ~Hey you(ぶつかっちゃうよ)はキラキラでそれこそポップ・キュートなターン。

★MC(バクステ→アリトロ→メインステ)→君だけFOREVER→Sexy Zoo→Sweety Girl(聡マリ曲・5人Ver.)
MC着席の流れから健人ピアノ勝利ギターのもと君だけFOREVERをしっとりと歌い上げる、聴くターン。そこからSexy Zooというテロップとともに現れたZooとふまけんしょりのダンス(私的には割とシュールだった)→トラ(聡)とパンダ(マリ)の登場でSEを使ったパフォ→頭を外し聡マリスイガル(ポップアップで続々とZooが現れる、これも私的には割とシュールだった)→途中でふまけんしょりも着ぐるみで登場という流れ。他の5人Ver.と違うのは最初から5人じゃないところかな。あ、ここでふまけんしょりも出てくるんだ!という意外性。"5人で歌う"にもパターンがあった。

★私のオキテ(チキンバスケッツ・5人Ver.)
布が降りてきてSexyお着替えタイム。そして5人の女装でオキテ。これも女装という要素が加わった、"5人で歌う"のまた違ったパターン。テレポで盛り上がりポイント1.2位を争うと言ったけれどもうひとつはこれかな~と。横アリのアリーナ席は可動式なのもあってか、オキテのとき危うく酔いそうになるぐらい揺れてた。名古屋では「お久しぶりです!ダニーです!あとは知らない人たちよ!」とバッサリだったが、後日「お友達を紹介します!」と各メンバー紹介が追加された。知らない人からお友達になれてよかった。

★映像→It's Going Down!(風磨ソロ・5人Ver.)
ドチャクソかっこいい5人の映像からのIGD。ポップアップで5人が飛び出してきてカッコイイ。あと風磨くんセンターのV字フォーメーション、カウントズレで踊るところめちゃめちゃカッコイイので早く映像で観たい。

★24-7~僕らのストーリー~→Brake out my shell(聡)
IGDからの24-7、バキバキ続きなのがいい。そもそも全体的に音のテイストが似てる曲(バキバキからバキバキ、ブラスからブラス)みたいに繋いでるのも流れがいいと感じる一因かも。そしてさらに24-7→Brake out my Shellとバキバキの流れは続く。パリンという音と共にモニターに映される聡ちゃんの表情には毎度ゾクッとするし、気迫のあるパフォーマンスだった。

★Slow Jam→rouge または ...more(風磨)
ここからまたオトナモード。スロジャムはまず曲が良い。歌詞だけ見たら割と未練たらたらソングで、"一人きりの時間/一人の部屋"と"二人で聴いてた歌/二人の日々詰め込んだSlow Jam"のように一人の現在、二人の過去みたいな対比があるのが好き。5人が5人とも誰かを思い浮かべながら歌っているところがいい。そこから風磨くんのみステージに残り生着替えからの、なぜか2パターン存在した風磨ソロ。私はmore率が高かったのでmoreの話するけど、まずmore自体風磨くんの隣に女の人の姿が見える感が異常なのでしんどい。人によるんだろうけど私はこの曲を聴くのがしんどい。あと名古屋2日目1部のmoreのときはダンスするJr.が1人いたはずなんだけど、横アリではいなくなってた。あれは誰だったんだろう・・・。

★Hey!!Summer Honey(健人)(バクステ→アリトロ→メインステ)
サラリーマンの装いでJr.(森継・横原)を従え寸劇(と言っていいのか)を繰り広げたあと、一瞬でブルースーツに変身し歌う。「俺に蜜吸われる準備はできてんのか!」と会場全員を一瞬でハニーにするケンティーは歌詞通り夏から永遠に舞ってるんだなと思ったし、ブルーオーシャンをトロッコで進んでいく姿、圧巻。

★Stand up!Speak out!(アリトロ)→勝利の日まで(バクステ)→Sexy Summerに雪が降る(アリトロ→メインステ)→With you
スタスピはみんなで歌うところがあるが新曲なこともあり(名古屋に至っては発売前である)、難易度が高めだった(笑)。でも歌うと風磨くんが褒めてくれるので健気に頑張る・・・。勝利の日まではジャンケン大会。ジャンケン大会では次曲のセクサマの歌い出しを歌う権利を得られる。このゲーム性が楽しかったのと「ジャンケンポン」と会場に言わせることで5人のゲームに参加させてくれたこともよかった。その後勝者から始まるセクサマ。最後のセリフでワチャワチャになってWith youの立ち位置に付くところもワチャワチャになるがイントロが流れると一気にラストスパート。

★5人挨拶~STAGE
ツアーはツアーとして続いているが、きちんと1回1回のコンサートを区切るように毎回健人→マリウス→聡→勝利→風磨の順で挨拶があった。今回のコンサートのことや過去のこと、未来のこと、自分なりの言葉で5人が話してからのSTAGE。挨拶の内容はレポにある、またオーラスの挨拶はJwebに載っているため割愛。「その聴かせて」のあとに歌うんだろうなというのは予想済みだったが、「ありがとうただありがとう赤い薔薇に誓う」のところがこちら側なのはまさかすぎたな~~~~。エンドロールが流れ本編終了。

★EC:Sexy Zone(メインステ)→カラフルEyes(スタトロ)→Make my day(スタトロ)→Congratulations(メインステ)
赤い薔薇に誓った直後、赤い薔薇を持って現れる。1stコンを踏襲したSexy Zone、リスタートのカラフルEyes、黒崎くんの主題歌Make my dayで盛り上げ、昨年5人Ver.が作られたCongratulationsをみんなで歌いコンサートを締める。ECもECとしてひとつの流れを汲んでいた。5人が捌けてセット裏の様子が映る、楽屋に帰っていく5人の映像で終了。

★WEC(オーラス):Silver Moon(メインステ)
「もう歌う曲がない」とか言いつつ「みんな歌ってくれんの?」と風磨くん。それに応えるとイントロとともにSilver Moonのネオン管に光が灯る。風磨くんの「明日からド平日だけど負けるな」というお言葉と「明日も頑張れる気がする 不思議な力さ」という歌詞を噛み締めるGW最終日・・・。コールで数分粘ったものの拍手で終了。

 

うげー長い。あとちょっと。


Sexy Zone presentsのpresents。presentsは提供するとかお送りするという意味合いで使用されていると思うが、個人的には"提示する"という意味合いもしっくりきた。展開が変わるタイミングで映像、トーク、ダンスなど何かしらをこちら側に提示してくれていたので、気を逸らすといったら少し語弊があるが、繋ぎ目を見せないようにしていた感じ。"今はこれを見てほしい"というのが明確だったというか。何かを見せるということは何かを見せないということにもなるのかな。そこのバランスが良かった。

今回は5周年がベースなこともあって、いちコンサートとしてのパフォーマンスの評価とは別に、自分が持つSexy Zoneへの想い(デビュー時から見てる人、ここ何年かで好きになった人、最近好きになった人、ちょっと興味がある、友達に付いてきたなど状況はさまざまある)とか感情に左右されやすい、いろんな意味で"特別な"コンサートだったのかなとも思った。これは単なるセトリやパフォというよりも、5周年やSTAGEというコンセプトというか概念というか、そういうもの対自分という点で。だからこの記事もなるべく淡々と書くようにしたというのもある。

 

改めてツアー完走お疲れさまでした~STY!

いち風磨担が #自担大賞2016 とやらを書いたよ


あけましておめでとうございます~!さっそく面白そうなお題を見つけたのでお借りして書き初めとします。 

最初に書いておきますがこれは私が独断と偏見で選んだものなので!独断と偏見だよ!

いくつか部門に分けたうえに大賞といいながらひとつじゃないのもある(笑)まあ大目に見てください。

 

ビジュアル部門

2/19放送 MUSIC STATION

f:id:power-of-run:20170103031722j:image

24-7で出たときの。髪型まとめ(髪乱してもっとときめいて!―2016年の風磨's Hair Style - Lucky Daaaaay!)のときも書いたのですが個人的に好きなので。

衣装部門

Welcome to Sexy ZoneのOP衣装

f:id:power-of-run:20170103034623j:image

これです。ターンしたときにひらりと舞う裾がいいよね。

Sexy Zone 全国五都市ファンミーティング in京都

f:id:power-of-run:20170103031807j:image

衣装じゃなくて私服ですが。キャメルのニット。シンプルイズベスト♡

音楽番組部門

ジャニーズカウントダウン15-16の"LOVE YOU ONLY"

f:id:power-of-run:20170103031857j:image
オンリーユー!☝️☝️

 11/16放送 Good Time Musicの"Celebration!"
あまり地上波でアルバム曲を見られることはないけれど、5人がこの曲を選んで披露してくれたことが嬉しかったので。この放送は過去のセレブレ比(少クラ、ウェルセク)でも特にエネルギーがすごかった。何ならこの日に今年のパフォーマンス(テレビに限る)で一番良かったかもしれないとツイートしてた気がする。セレブレが好きというフィルターありなのでそのへんはご理解を・・・(笑)

現場部門

Welcome to Sexy Zone Tour、Summer Paradise2016「風 are you?」の2つから。

WtoSZツアーの"Love Confusion"→"Easy come! Easy go! Easy love! "
この一連の流れは外せないよね。椅子を使ってしっとりムーディーに決めたかと思えば大胆にハットを投げるとことか。繋ぎが好き。

風 are you?アンコール前の映像 
どれ選ぶか悩んだのでアンコール前映像の話を。こっちこっち!と誘う風磨くんに付いていくと風areメンバーがペンキで落書きしている部屋に辿り着く。ペンキを付けあったりして戯れるメンバー。最後に全員でV字フォーメーションでダンスを踊り、ひとりひとり部屋を出て行きステージに登場・・・!って感じなのですが、この映像がまあ~~好き。サマパラ円盤に入ると思うから見てください。

歌声部門

最近声の出し方変えたの気になっている~~。...moreとか分かりやすいよね。それではいきます。
"Celebration!"の「何度だって感じあって Dance to night」
またセレブレ(笑)デェェーンストゥナァァーーー⤴︎みたいな歌い方がツボで好き。
"Miss Mysterious"の「核心を付かれるのって そんなに怖くって嫌なの?」
核心の"ん"が「ん゛」っぽいの。がなり声っていうのかな。伝われ~~。コンサートでこの曲やってほしい。

演技部門

8/6放送 "時をかける少女"の理科準備室での涙
時かけから選ぶなら最終話のこれかな~。アルバムを見せながら思い出を話していく未羽の隣で静かに涙を流す翔平。もともと泣く台本ではなかったと言っていた風磨くん。未羽とは出会ったばっかりだし感情移入して泣くなんてことは考えにくいので、あそこで涙を流したことがたいへん興味深い。

バラエティ部門

5/14放送 嵐にしやがれ大野智の作ってみよう Sexy Zone菊池風磨と流行りのオトコ飯作り」
親分こと嵐の大野智くんとアウトドアクッキング!ポップコーンがポン!とくるのにビビる風磨くんが面白すぎて笑った。手が猫みたいになってるのかわいい。親分の独特なペースに飲まれ「オイ!見えないんすか?!(o´◇`o)」と言い出す始末(笑)ナチュラル失礼(笑)

少年倶楽部部門

11/23放送 少クラ生放送の"愛を叫べ"

さときく/健聡マリという歌割りが新鮮でよかったので。色んな組み合わせ試してほしい!

12/21放送 クリスマスSPの"雪の降る日"
ふまけんの声の相性、本当にいいですよね。歌声で勝負できるの強い。派手なパフォーマンスではないけれど、グッときました。

シブ5時部門

Sexy Zoneがシブ5時に持っているコーナー"ニュースが分かるようになる検定"より。

10/27放送 コンビニ消費の最前線 

コンビニの商品で料理をした回。Vネック黒地Tにエプロン、黒髪耳かけってオイオイオイ・・・ありがとう・・・。菜箸でソースを絞り出すところとか手際の良さ垣間見えて良かった。料理慣れしてる手つき~~。

爆モテ部門

設けざるを得ないよね。いきます。

「もういいよそんなん切りなよ」@4/26放送 レコメン!
のりふまレコメンにて、「半同棲までいった彼と別れた、何が原因だか分からない。友達には尽くしすぎだと言われました」と年上女性リスナーの相談を受ける。しばらく話し「まだその彼とは連絡取ってるの?」と聞いた風磨くん。「もう全然連絡取ってないです」と言ったリスナーに対して風磨くんが発したひとこと。風磨くんが男女の関係を終わらせることを「切る」と表現するのが非常に好きなので選出。

「こっちおいで」@10/17放送 キスマイBusaiku!?

オービィ横浜でのデートにて。カメレオンのキーホルダーのことは一旦置いておきますが、写真撮るときの「こっちおいで」はヤバくなかったですか?????この歩く少女漫画が~~!!無理!好き!告白も「好きです。付き合ってください」という直球なのも良き。

「結菜が~」@7/29放送 日テレプッシュ 時をかける少女

共演の黒島結菜ちゃんのことを"黒島結菜ちゃん"、"黒島ちゃん"と呼んでいたはずなのにいつのまにか"結菜"呼びしていた。ヒェェェ~~~😇😇

 

こんな感じですかね~!

それでは、今年もよろしくお願いします。

 

髪乱してもっとときめいて!―2016年の風磨's Hair Style

2016年もあと1ヶ月ないので今年の風磨くんの髪型を振り返ろうとダラダラまとめました。ダラダラしながら読んでください。

このツイートの延長線のようなものです。

 

ちなみに2016.3のオリスタにて

―「髪型、色はどんな時に変えようと決めますか?」 菊池:気分です!髪型はモテるためだから(笑)。髪型の決め方はソロ曲を歌うときの自分に近いですね

 

・2016.1~

ピンクゴールド

f:id:power-of-run:20161211202256j:image

このへん。

風磨「ピンクゴールドです今」*24-7メイキング

聡「(髪)切って正解だよね」風磨「4、5回ブリーチした。でも意外と傷んでないよね?」聡「うんうん。全然傷んでないよ」*24-7メイキング

撮影日が分からないのだけど、いちおう真ん中の画像が24-7です。2016年はそもそもそんなにビジュアルに波はないけれど年末年始(15-16)はすごいよかったと思います!(私的感想)

 

・2016.2月中旬頃~

f:id:power-of-run:20161211202355j:image

焦げ茶?なのかな?

 

・2016.3月下旬頃~

 f:id:power-of-run:20161211202953j:image

ちょっと正確な時系列が分からないので急にざっくりした範囲でくくりましたが(笑)ウェルセクあたりは大体こんな感じ。染めてるのか色落ちてるのか光の加減なのか分からないけど明るさが微妙に変わったり変わってなかったり(?)

 

・2016.6月頃~ 時かけ

f:id:power-of-run:20161211203548j:image

髪型はドラマがあるため大きな変化はないが、とにかく痩せる。痩せるし焼ける。夏が舞台だから少し焼いたと、何かの雑誌で言ってたような。顎のラインがだいぶシュッとしている。

 

・2016.8月~ 帰ってきたコボちゃん

f:id:power-of-run:20161211203704j:image
襟足すっきり!

 

PONのふまたん(一番左)は真っ黒に焼けていた。風 are you?決起集会の海で焼けたんだと踏んでいる。いいよ。肌の色と引き換えに結束力を手に入れたのなら・・・シクシク・・・

風 are you? 初日MCにて、美容師さんに「コボちゃんにしてください」で頼んでいるとのこと。出た~!イカついコボちゃん*1懐かC。私は割とコボちゃん好きです。ちなみに初日は「北斗にセットしてもらった」と嬉しそうに言いながら頭をふりふりしていました。揺れる髪の毛がサラサラ~で可愛かったです。

あと別日のMCにて2015年のロングヘアー時代の自分を「あのキモいロン毛のとき」と言ってたのは割と凹んだよ(^o^)どこがじゃ💢💢キモくない💢💢💢

f:id:power-of-run:20161209142340j:image

好き!!!💢💢

 

・2016.8月下旬~ 赤に染める

 f:id:power-of-run:20161211203917j:image

風磨「赤髪にした!赤髪にしました」聡「これサマパラで・・・?じゃないよね。ってことはまだファンの子見てないよね」風磨「違う、見てない」聡「もったいないね~。俺ら今見ちゃってるわけだからね」風磨「そうね」聡「いや、すっげえ似合ってる」風磨「なかなかありだよね」聡「ありあり。前回があれ、銀?」風磨「銀とか・・・」聡「混ざってる・・・よね?」風磨「銀と他の色を混ぜて俺用に作ってもらった色」

f:id:power-of-run:20161209142431j:image

それはこれですね

聡「銀より赤のほうが好きかも」風磨「エロくね?」 聡「エロい。いや、すごい良い。しかも髪の長さも合ってるよね、その色ね」風磨「ちょうどいいよね。ちょっとね・・・」聡「イメチェン?」風磨「暗くしたいなと思ったんだよね、秋だし。徐々に暗くしてって黒髪を育てようかなと思って」聡「いいね。1年ぐらいかけて?」風磨「1年ぐらいかけることになるね」聡「でもいいね、初めて?赤」風磨「赤はねえ、初めてだね」聡「いいね。だって赤、茶、銀、あとなんだろ。金・・・」風磨「アッシュ」聡「アッシュ・・・相当やってるよね」風磨「相当やってます。そろそろヤバイと思う。だからちょっと黒髪を育てたいなということで」聡「なるほどね」風磨「徐々に暗くしていく意味も込めてちょっと赤にしようかなと」聡「いいなあ」風磨「あとそうそう仕事が一段落したんでドラマも終わってソロも終わって・・・」*Qrzone 9.5(放送日)

 赤髪はエロい←?????

・赤茶に変わってくる

f:id:power-of-run:20161211204103j:image

このへんかな?

聡「髪色事情ね!」風磨「髪色事情もういいっしょ」聡「なんか落ち着いてきてない?赤髪」風磨「もう何もやってないもんこれ」聡「すごいいい色になって染まってきてる」風磨「でも俺茶色にしてゆくゆくは地毛に戻していきたいなと思ってんだよね」聡「なるほどね。いいね。黒髪久しぶりに見てみたいなっていうのもありますけどね」風磨「あ、ちょっと黙れーって感じなんですけど」*Qrzone 9.26(放送日)


日付が分かる範囲だと8/22(少年収)~9/29(Myojoふまけん焼肉)あたりは赤髪。10月の上旬あたりまでは染めてないのかな?

 

・2016.10~ 黒に染める

f:id:power-of-run:20161211204434j:image

風磨「Sexy Zone5人いて、僕が赤髪だったんですよ。まあマリウスは地毛なんで仕方ないんですけど茶色い、綺麗な色ね。で、勝利も茶髪にしたの。中島は黒髪なんだけど、松島もなんか茶髪にしたの。ってなったときに5人中4人が色入ってるって、マリウスは地毛だからしょうがないんだけど、ちょっと何かあれだなと思って俺ちょっと黒髪にしよーって・・・」*レコメン! 10.12

黒髪を育てる発言の主、全体のバランスを気にしてまさかの黒染め。
時系列的に一番早いのが10/12(収録日) Good Time Musicかな?それからシブヤノオト→少年収→Mステ?いつ撮ったかが分からないけど映像としてはシブ5時コンビニ回(都内&鳥取)、Rの法則Sexy Zone 5th Anniversary Best のホームパーティーなどもある。ホームパーティーは聡ちゃんがらじらーinNスポの話をしてるので、やっぱりGTMと同じくらいなのかな。ネプリーグは親知らずがアレしてるのでMステの前後。ちなみにネプリーグあたりから10/31ハロウィン音楽祭までの間にカレンダー撮影でハワイに行っているのだけれど、ハワイは何色なんだろう。どちらにせよ黒髪は1カ月持っていない。にもかかわらず後から雑誌で黒髪風磨くんがちょこちょこ出てくるので短い期間にたくさん撮影してるんだなーと改めてアイドルのスケジュールのすごさを実感。


・~現在

f:id:power-of-run:20161211204617j:image

「やっぱり菊池はこうでなくちゃ」「しっくりきました」

・・・だそうですよ奥さん。

でも次またシルバーにしたいらしい。黒髪育てて地毛に戻す説はどこへ。1月期のドラマ「嘘の戦争」が入っているのでまだしばらくキープしそうですが。


おまけ
私が選ぶ2016年ベストビジュアルはこちらです。

f:id:power-of-run:20161211204631j:image

2/19 Music Station
白肌!!程よいほっぺ!!髪型!!すべてが!!ベストマッチ!!!!!優勝!!!!!おめでとう!!!!!ありがとう!!!!!

 

来年も気が向いたらまとめようと思います。

*1:2015年末に髪をばっさり切ったときにも言っていたフレーズ