Summer Paradise 2016 「風 are you?」②

Summer Paradise 2016 「風 are you?」① - Lucky Daaaaay!

これの 続き!

 

rouge菊池風磨
ハットとサングラスー!ワイヤーで吊るされた天蓋のような布の中で女性ダンサーが踊っていたり、風磨くんが踊っていたり。ハットとサングラスを女性ダンサーに取ってもらうパターンと自分で取るパターンがあったな。最後にその布の中で女性ダンサーとキス・・・みたいになって終わるんだけど、、まぁー、何とも言えない空気感。フゥーでもキャーでもなく、うん、入ってた人はわかる・・・。

 

But...菊池風磨
布の中にメインバックも現れる。やっぱりシャツの衣装がいい!!ツアーのBut...衣装はダボダボパーカーにMA-1にジーンズだったわけだけどあれはカジュアルすぎたよね!ソロコンのほうが好きです。

 

映像②→チビジュシーン

明確に覚えていないので映像のメッセージは略すよ


ふま「卒業文集何書いた?」じゅり「決まってんじゃん!大スター!ダンス踊って、カッケーラップ決めて、ガンガンバイブス感じさせんだよ」しん「誰に?」じゅり「オーディエンス」しん「やばくね?アメリカンドリームじゃね?!」じゅり「風磨もやろうぜ!」しんじゅり「アメリカンドリーム!」ふま「・・・ドリーム?」

 

ALL or NOTHING/嵐
ふまじゅり~。樹に目黒、風磨に森継が付く。始まる前にふまじゅりがショットグラスをCheers!して腕クロスしてテキーラと見せかけて水を一気してから始まるのまあ何ともイカしてるよね(語彙力のなさ)
ALL or?というコールに「NOTHING!」というレスポンスが正解だったようだけど、初日、この曲知らなくてポカーンとしてしまって申し訳なかった・・・。段々「NOTHING」コールしてる人増えたよ!

 

愛ing -アイシテル-/Hey!Say!JUMP
オルナシかっけー!と思ってるのも束の間、スクリーンにハートがたくさん流れてきて「???」と思ってるとポップアップで慎太郎が打点の高いジャンプで登場!ここはまじで慎太郎~!wwwって感じ。慎太郎のソロなのかと思うくらい独壇場のように歌って踊っていると、下から北斗以外の風areメンバーが出てくる。みんな最高に可愛くてやばい。振り切ってる感じがやばい。なんだろう!?学祭の出し物感がすごいんだけどそれがまたいい。キレキレすぎて慎太郎の体が時々ナナナ並に折れてるときがあって笑いそうになった。会場の盛り上がりがマジでヤバイ。かわいすぎる。

  

チビジュシーン

ふま「俺はそんなぶりぶりの女装は無理だって。」しん「とか言ってノリノリでやっちゃうのが風磨だもんな!樹!」じゅり「指をさすな!先端恐怖症なんだよ!」(チャイムの音)ふま「帰らなきゃ!」3人「「ばいばいびー」」

 

Loveless山下智久
いや、愛ingからの感情の高低差よwwwでもこの曲すごい好き。「最後は笑顔でSay Goodbye」のフリがめちゃくちゃ好きだったー!切ない。

 

36℃TOKIO

この曲とてもあたたかい気持ちになる・・・ちびジュをコーラス隊にしてるのもよい。

 

FaKe菊池風磨

レーザー演出からのFaKe(2番)。ステージから縦にレーザーを引っ張り出して、それを割ったり、横に伸ばしたり(語彙力のなさ)。途中でしんじゅりが出てきてレーザーを任せる。レーザーを止めてるしんじゅりの肩に肘を乗っけるような形で立って歌ってる風磨くん・・・!

 

Wait for You/V6

メインバックも出てくる。 とにかくレーザーの中で跳ねて踊り狂う!!楽しい!!「空に浮かぶ雲のように~」のところでみんなレーザーを天に向けるんだけど全員で一直線を見つめてて素敵。途中で自撮り始めるの天才!みんないい顔でモニター映ってる!風磨くんがレーザーポインターみたいのを口にくわえて跳ねまくるんだけど、もうホントぶち上げって感じっすよ(頭の悪い発言)

 

リリック/TOKIO

 からのリリックー!!!リリック大好き!もう終わりに向けて駆け抜けてるって感じがしてこのへんから一気に切なくなる。

 

Oh Yeah!/嵐

タオルまわすー!!歌うー!!ああ、終わっちゃうぞ・・・。

 

映像③→ちびふまシーン

風磨「何泣いてんだよ。・・・シカトされた。いいよー。(写真撮る)いい感じの悲壮感出てるよー。(写真撮る)」ふま「何それ?」風磨「カメラ。俺がお前くらいのときに俺くらいの兄ちゃんから貰ったの。ややこしいだろ。これやるから泣きやめ。」ふま「いいの?」風磨「残したいと思った一瞬をこのカメラで収めてとっておくんだ。友達に自慢してき!」ふま「ありがとう!」風磨「あ、ちょっと風磨。」ふま「ん?」風磨「友達によろしくな。」ふま「うん!・・・あれ、なんであのお兄ちゃん僕の名前知ってたんだろ。まあいいや。」風磨「(カメラを取り出す)ハイ、ポーズ。」

20 -Tw/nty-菊池風磨

スクリーンには子供の頃の写真。例の決起集会の写真もあるよ。最初は風磨くんだけがステージで歌っていて、メインバックは後からステージの高いところに階段を上りスタンバイし、土砂降りの雨も~のところでライトがあたり踊り出す。Face Downの際にはあの高いところに7人横並びでいて、構成的にもソロコンといえどもこのメンバーで作り上げたコンサートというイメージが強かったけれど、この曲で、ああ、そうだ、風磨くんのソロコンなんだよなと思い返される部分もある。この7人でステージに経つのはこの夏限りなんだよなあと。しみじみ。

 

挨拶
新曲「...more」菊池風磨
時を戻しているかのような逆再生のような音が数秒したあとに時計のカチカチカチといったイントロが流れる。

そんな風にうまく笑えないままでいい そのままがあなたらしいでしょう

という歌詞が印象的かなあ。You're the only oneにせよ、翔兄貴からいただいた言葉にせよ、思い悩む風磨くんを救う言葉はいつでも「そのまま」なのかな。

風磨くんを中心に風areメンバーがVの字フォーメーションに並び、パチンと指を鳴らして暗転。

 

ED映像


過去をやり直す事は出来ない。10年前も1年前も10分前の自分にも戻る事は出来ない。だったら今、過去をやり直せばいい。ここにいらっしゃる皆さんには魔法がかかりました。皆さんは20.30年前の未来からやってきたのです。ここを出たら、悔いがないように自分の信じた道を歩いていってください。同じ今を生きるに貴方達に幸あれ。(ニュアンス)

ちびジュが先ほどのようにVの字フォーメーションで並んだところにライトが当たって終了。そして、「風 are you?」という質問に対して、「I'm "―"」と意味深に笑いながら終わる。結局「お前は誰なんだ」という問いに風磨くんはこれだという明確な答えを出して終わるわけではない。

 

EC映像

風磨くんが自撮りをしながら狭い倉庫のような部屋に連れてってくれる。そこには風areのメンバーがいて、部屋中ペンキのようなものを塗っている。部屋も服も顔も汚して、ダンスを踊っている。部屋から1人ずつ出ていきステージへ。

 

EC1:Hello菊池風磨

アンコール、Hello?で登場するのいいよねー!曲中でひとりひとりに絡んでいく風磨くん・・・。踊れるし楽しい!

 

EC2:BANG!BANG!バカンスSMAP

みんなでバンバンバン!♡皆に撃たれちゃったよ~とおどける風磨くんかわいい。

 

おわり!オーラスはセクサマもやったそうで。

 

嵐もKAT-TUNも通ってきてない私にとっては正直初見だと知らない曲が多かったんだけど、そんなの関係なしに楽しめた。歌ってくれて自分的に嬉しかったのは「Wait for You」と「BANG!BANG!バカンス」で、この公演入って好きになったのはFace Downかな。

 

タイミングがタイミングで、ワイドショーやスポーツ紙などでは先輩グループ関連のコメントばかりを使われていた。聞かれたから答えるしかなかったんだと思う。先輩について語る、みたいな見出し付けられていたけど、本当は公演のこともたくさん話していて(Jwebに囲みレポがあるよ)。そっちを使ってほしかったというのが本音でもある。

 

時間を浪費してしまう私とは違って、風磨くんは"今"を過ごすことに対しての考えが重いなあと前からわりかし思っていたのだけど、時かけを経て、よりその要素を強く感じた。ああ、本当に未来から来たのかなあと錯覚するくらい。なるべくしてこの役を頂いたのかなあ、なんて。

 

風磨くんのソロコンサートはJr.が風磨くんをサポートし、風磨くんもJr.をサポートするような感じだ。MCでもファンからのお悩み相談コーナーを設けて「このコンサートは双方向性を重視している」と言っていたけど、メインバックの全員とも一対一で向き合ってきて、それをこちらに提供してくれてるんだなと思った。バックに付いたメンバーのこと、正直全然知らなかったけど(特に無所の子)この公演でとっても好きになった!風磨くんは、周りを巻き込むのが上手だなあ。楽しみすぎて公演期間熟睡できなかった目黒くん、寝れました!?とか心配になる(笑)またどこかで見かけることがあれば応援したいなー!

 

しかし、彼らはこの公演の為に集った期間限定のメンバーであり、この楽しい時間が続く事はなく、それぞれ集う前の居場所に戻っていった。そんなことは始まる前から本人達が一番分かっていて、だからこそこの時間にはまた、普段とは異なる価値が生まれた。

 

風磨くんはこの場所に別れを告げて、"Sexy Zoneになりたい"という夢に向かって再び歩き出している。

 

私も風磨くんがSexy Zoneになるのを見るのが夢かな・・・!「風 are you?」に「I'm "―".」って濁した風磨くんだけど、私も風磨くんが何者なのか、正直ずーっと掴めないでいる。掴めないけれど、この公演で見た風磨くんは、全部風磨くんだったから、しばらくこの夏の思い出に浸っていようと思う。