シャララの件で音楽について再び考えた。

Kis-My-Ft2のSha la la☆Summer Timeを買ってきた。

 

連日この話題でTLが埋まっており、さすがに見過ごせなくなった。しかし、無理やり買ったわけではない。私もかつてはキスマイ担だったこともあるし、Sexy Zoneもキスマイ兄さんにはお世話になっているので、義理というかなんと言うか、そういうものを感じて買った。

 

最近はこの話題と高額転売NOの話題が最近TLを賑わせていたのでもう一度音楽について考えてみようと思った。

 

シャララの一連の騒ぎのことについては端折るが、そもそもオリコンとは?という知識について知らない人が多かったんだなと思った。何時までに集計だとか、加盟店がうんぬんだとか、Mステの結果だけ見てオリコンが終わったと思っている人とか、ウィークリーとデイリーとか、そういうツイートを目にすることが多くなり、こんなに気にしてたことが今まであったか?と思った。裏を返せば今まではそこまで気にしなくても良い状況にあったんだと思う。めちゃくちゃ複数売りのときもあったけど、それでも大多数の人は普通に欲しいものを好きなように買っていた。自分もそこまで気にしてなかった。「前作より売れたんだね」くらいの話はしてたかもしれないが、全て結果が出たあとだった。そもそも今回だって売れてないと言えるような数字ではないので、連続首位が取れなくなるかもしれないという危険性がなかったら、ここまでの騒ぎにもならなかったのではないかと思う。

 

1人が大量に購入するより、買う層を増やす方が重要である。今はそんなことを言っている状況ではないのかもしれないが、次作も同じように1人でたくさん買うことが出来るのか?と考えるとそれは限界があるので、母数が増えた方が確実にいい。頑張れる人の頑張りを否定するつもりは無い。自分に合ったようにすればいい。そして買わないのはファンじゃないとか、ファンであるなら〇〇とか、たくさん買ったから偉いとかそういうものではもちろんない。

 

話は少し変わるが、Sexy Zoneが春に行なったコンサート、Welcome to Sexy Zone Tour 東京公演のチケットのいわゆる"相場"が跳ね上がったとき、この中に次作の"勝利の日まで"を買ってくれる人はどれだけいるのだろうかと思ったことがある。チケットが高くて見つからない=アーティストが売れたわけではない。チケットにお金をたくさん出すからといってCDを買ってくれるかといったらそれとこれとは話が違うのだ。

 

チケットを買ってコンサートに足を運ぶ層と、CDを買う層は必ずしも同じではない。それぞれに価値の見出し方が違うのだから。高額転売と音楽が売れないこととは、相関関係はあるかもしれないが因果関係はない。

 

コンサートを自分の目で見るのにはチケットが無いと駄目だけど、残念なことに音楽はお金を出さなくても代わりがある。違法なことだけれどアプリやインターネットで見れてしまう状況が事実としてあるからだ。

 

話をシャララに戻すと、ファンならCDやDVDを買わなければいけない、と言いたいわけではない。買わなくていいと思うなら別に買わなくていい。でも見たい気持ちや聴きたい気持ちがあるのなら、代わりのもので楽しまないで、そのものを自分の手に取るべきなのではないだろうか。無料音楽アプリだのツイッターだので満足してはいけない。対価は払うべきだと思う。

 

今回の件は、ファンを自称しておきながら"代わりのもの"で楽しんでいた人や"代わりのもの"を提供することで人の役に立ってると勘違いしていた人たちが何かに気付くキッカケになればいいと思う。音楽を廃らせているのは一体なんなのか。